セミナー・研修を終えて
セミナー・研修を終えて
作成日:2019/09/17
パワーハラスメント職員研修を終えて



社会保険労務士 江尻育弘

9月に石垣島の障がい者施設 社会福祉法人 わしの里様で職員対象のパワーハラスメント研修を実施してきました。

パワーハラスメント研修(社会福祉法人 わしの里様 2019年9月)
社会福祉法人 わしの里様

バワーハラスメントとは何か?

パワーハラスメントとは、同じ職場で働くものに対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。職場内の優位性とは、上司から部下へのいじめ・嫌がらせだけでなく、例えば新しく入社した正社員に対してパートが仕事を教えないといったことも含みます。

バワーハラスメントの行為類型

パワーハラスメントの行為類型には、精神的な攻撃、過大な要求、人間関係からの切り離し、個の侵害、過小な要求、身体的な攻撃があります。

今回は、障害者虐待防止法との関連で話して欲しいとのご要望があり、勉強して臨みました。統計によると、過去3年間にパワーハラスメントを受けた人は3人に一人であるにも関わらず、被害者の41%は誰にも相談しないのですが、障がい者虐待防止法では通報義務がある点で、非常に厳しい法律となっています。

パワーハラスメント研修の様子(社会福祉法人 わしの里様 2019年9月)

なぜ職場のパワーハラスメントが問題なのか?

職場の雰囲気が悪くなったり社員が心の健康を害するなど、職場環境が悪化します。その結果、人材が辞め、補充しても定着せず、採用にも応募がないということになります。

パワーハラスメントと業務指導の境目

職場の業務を円滑に進めるために、管理者には一定の権限が与えられていますが、パワーハラスメントと業務指導の境目に悩まれていると思います。業務上必要な指示や注意・指導などもその一つです。厳しい指導であっても、「業務上の適正な範囲」と認められる限り、バワーハラスメントには当たりません。例えば、レポート提出の期限に遅れて持ってきた部下に対して「何やってんだ!」と叱ることはパワーハラスメントではありません。業務指導は必要です。

パワーハラスメントの正しい知識を持ち、萎縮することなく、自信を持って温かく業務指導を行いましょう。

100年続く組織づくりをお手伝いします。社会保険労務士 江尻事務所江尻プロフィール画像事務所案内賃金設計コンサルティングお電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10 2F
メールアドレス

著書

医学通信社 職場の難問Q&A■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中

ご購入はこちらから ›

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›