医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2021/10/28
診療報酬算定で必要となる主な施設基準の届出状況

 診療報酬の算定に当たって施設基準の届出が必要となるものについて、その届出状況が報告されました。これは、毎年7月1日時点における届出状況をとりまとめたもので、9月15日に開催された厚生労働省の中央社会保険医療協議会総会にて報告されています。

 ここでは、主だったものをご紹介します。

1.医科

 ここ3年間で大きな変化が見られるものに、「オンライン診療料」があります。届出数は次表の通りです。

  平成30年 令和元年 令和2年
病院 65 84 479
診療所等 905 1,223 4,864

 また、「超急性期脳卒中加算」については、平成30年は795、令和元年は777でしたが、令和2年は1,028まで増加しました。

 次に、新設された加算等について、初年度となる令和2年における施設基準の届出数の多いものは以下の通りです。

せん妄ハイリスク患者ケア加算 2,224
地域医療体制確保加算 944
小児運動器疾患指導管理料 病院 538
診療所等 1,192
婦人科特定疾患治療管理料 病院 940
診療所等 2,176
2.歯科

 「初診料(歯科)の注1に掲げる基準」について、平成30年の22,833に対し、令和元年は65,200、令和2年は65,214と大きく届出数が増加しています。
 また、令和2年からの新設の診療報酬については、睡眠時歯科筋電図検査が141、歯科麻酔管理料が133等となりました。

3.調剤

 令和2年からの「特定薬剤管理指導加算2」についての届出数は、6,569となりました。

 その他の届出状況は、以下のサイトにてご確認ください。

■厚生労働省 第488回中央社会保険医療協議会総会資料
主な施設基準の届出状況等

参考:
厚生労働省「中央社会保険医療協議会総会(第488回)


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



令和3年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止継続支援補助金2021/10/21
令和4年度税制改正に向けた業界からの要望 日本医師会/四病協2021/10/14
10〜12月の感染防止対策かかり増し経費、補助金で対応へ2021/10/07
令和4年度診療報酬改定/議論の中間とりまとめが出ました2021/09/30
自宅・宿泊療養者や施設入所者に対する新型コロナの診療等の臨時的取扱い2021/09/23
自動ドアにぶつかる事故が高齢者に多発、注意喚起2021/09/16
要介護認定の「主治医意見書記入の手引き」等、一部見直し2021/09/09
濃厚接触者となった医療従事者の医療への従事について2021/09/02
令和2年度の個別指導や適時調査における主な指摘事項2021/08/26
改正医療法の施行スケジュールを確認2021/08/19
令和2年における病院の耐震化率、全国で77.3%、災害拠点病院等のみは93.6%2021/08/12
高齢者施設での面会における感染拡大防止策を再整理2021/08/05
令和4年度予算の全体像と概算要求に当たっての基本的方針が示されました2021/07/29
介護職員の人員配置基準、新型コロナワクチンの接種や副反応への臨時的対応2021/07/22
介護職員処遇改善加算等について、Q&Aが出ました2021/07/15
100年続く組織づくりをお手伝いします。社会保険労務士 江尻事務所江尻事務所がなぜ福祉に力を入れているのか社会福祉法人の賃金設計コンサルティングお電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10 2F
メールアドレス

著書

医学通信社 職場の難問Q&A■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中
施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)■施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)
発行:自費出版

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›