育児・介護休業規程を整備いたします
育児・介護休業規程を整備いたします

平成29年の10月に法改正が行われましたが、未だ対応しきれていない事業所が多いのが現状です。人手が不足し、かつ高齢社会の時代です。今のうちから育児・介護休業規程を整備して従業員が働きやすい環境を整えることをお勧めします。

確認・変更する内容

@介護休業の分割取得
A看護・介護休暇の半日単位取得
B介護時短勤務制度
C介護残業免除制度
D有期契約社員の育児・介護休業取得要件の緩和
E育児・介護休業取得対象家族の拡大
F就業上の措置の設置

料金

平成29年10月改正未対応

料金:10,000円(+消費税)

平成29年1月改正未対応

料金:20,000円(+消費税)

それ以前の改正未対応

料金:30,000円(+消費税)
新規作成の代金として

※紙媒体やPDFのみなどwordデータの紛失がされて手元にない場合、wordデータへの変換再作成の手数料として別途1万円いただきます。
※内容が直近の法改正に沿っている場合、料金はいただきません。

お問い合せは・お申込みは社会保険労務士 江尻事務所 担当窓口:上江田まで

電話番号:098-857-1077 / メールでのお問い合わせはこちら

チラシをダウンロードする ›

100年続く組織づくりをお手伝いします。社会保険労務士 江尻事務所江尻事務所がなぜ福祉に力を入れているのか社会福祉法人の賃金設計コンサルティングお電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10 2F
メールアドレス

著書

医学通信社 職場の難問Q&A■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中
施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)■施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)
発行:自費出版

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›