社会保険労務士(社労士)について
社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は事業所の人事・労務管理のエキスパートです。

社会保険労務士は主に労働基準法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法、介護保険法などにについての知識を持ち、労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。

この他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なっています。

各社労士によって専門とする分野が異なり、就業規則に強い社労士、労働問題に強い社労士、障害年金に強い社労士と様々です。

適切な指導・アドバイスを行います

顧問契約を結ぶと長期的な視野から企業の労働環境を見ることになります。各企業の労働環境や実情に深く入り込むため、トラブルが発生した場合の対応やその予防措置が早く、適切な指導とアドバイスを行うことができます。

近年、慢性的な人手不足がさけばれていますが職員の安定的な確保と定着が課題とされていて、そこに力を発揮できるのも社労士の特徴の一つです。

この他、労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れています。

当事務所は人事労務相談とコンサルティング、企業研修を中心に行って来ました。また、社会福祉協議会や福祉施設などのお客様も多く、福祉分野に強いのが特徴です。
業務と顧問契約の内容についてはこちらからご確認ください。

相談顧問サービスを見る ›

社労士・社労士補助を募集しております

100年続く組織づくりをお手伝いします。社会保険労務士 江尻事務所江尻プロフィール画像事務所案内料金お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10

著書

医学通信社 職場の難問Q&A■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中

ご購入はこちらから ›

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›