医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2022/11/10
健康日本21の53目標、達成は8、改善傾向は20

 厚生労働省より、健康日本21(第二次)の最終評価報告書が公表されています。

 健康日本21(正式名称「21世紀における国民健康づくり運動」)は、生活習慣病や生活習慣の改善の課題について目標を設定した国民健康づくり対策です。今回公表されたのは、平成25年に始まった第二次の取組に関する最終評価になります。

 健康日本21(第二次)では53項目の目標が設定されています。最終評価の結果は、次のようになりました。

出典:厚生労働省「健康日本21(第二次)最終評価報告書 概要」p.5

【目標値に達した項目(上表のAの項目)】

  1. 健康寿命の延伸(日常生活に制限のない期間の平均の延伸)
  2. 75歳未満のがんの年齢調整死亡率の減少(10万人当たり)
  3. 脳血管疾患・虚血性心疾患の年齢調整死亡率の減少(10万人当たり)
  4. 血糖コントロール指標におけるコントロール不者の割合の減少(HbA1cがJDS値8.0%(NGSP値8.4%)以上の者の割合の減少)
  5. 小児人口10万人当たりの小児科医・児童精神科医師の割合の増加
  6. 認知症サポーター数の増加
  7. 低栄養傾向(BMI20以下)の高齢者の割合の増加の抑制
  8. 共食の増加(食事を1人で食べる子どもの割合の減少)

【悪化している項目(上表のDの項目)】

  1. メタボリックシンドロームの該当者及び予備群の減少
  2. 適正体重の子どもの増加
  3. 睡眠による休養を十分とれていない者の割合の減少
  4. 生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している者(一日当たりの純アルコール摂取量が男性40g以上、女性20g以上の者)の割合の減少

 このほか、国、地方自治体等の取組(成果)の評価などを行い、令和6年度以降の次期国民健康づくり健康プランにつなげる計画です。

 報告の全文は、以下のサイトでご覧いただけます。

厚生労働省 報道発表資料「健康日本21(第二次)最終評価報告書を公表します」(令和4年10月11日)


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
貴社にフィットした就業規則で会社を守ります。100年続く組織づくりをお手伝いします。社会保険労務士 江尻事務所江尻事務所がなぜ福祉に力を入れているのか社会福祉法人の賃金設計コンサルティングお電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10 2F
メールアドレス社会保険労務士個人情報保護事務所 SRP2

著書

医学通信社 職場の難問Q&A■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中
施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)■施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)
発行:自費出版

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›