医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2022/01/20
R3補正予算/不妊治療の保険適用への移行措置

 昨年、令和3年度補正予算が成立しました。ここに盛り込まれた医療・福祉支援策について、昨年より順に紹介しております。今回は、不妊治療の保険適用への移行措置として設けられた支援について、ご案内します。

 現在、不妊治療について助成制度が設けられています。令和4年度から保険適用となることに伴い、この助成制度が終了することとなりますが、これに伴う経過措置が、令和3年度補正予算で設置されました。

 これは令和3年度末までに終了しない治療を前提に、治療を受けている夫婦の費用負担を軽減する措置です。

 現行の助成制度は、体外受精と顕微授精に対し、原則1回30万円が給付されます。
 これについて、年度をまたぐ一連の治療に対し、助成対象となる1回の治療について助成金が支給される経過措置がとられます。

 これを図にすると、以下のとおりです。

厚生労働省「令和3年度厚生労働省補正予算案(参考資料)」https://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/21hosei/dl/21hosei_20211129_03.pdf(p.46)

 詳細は、厚生労働省のホームページでご確認ください。

参考:
厚生労働省「令和3年度厚生労働省補正予算案の概要


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
100年続く組織づくりをお手伝いします。社会保険労務士 江尻事務所江尻事務所がなぜ福祉に力を入れているのか社会福祉法人の賃金設計コンサルティングお電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10 2F
メールアドレス

著書

医学通信社 職場の難問Q&A■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中
施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)■施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)
発行:自費出版

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›