医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2021/11/18
医療法人の事業報告書等のデジタル化、省令改正の方向

 医療法人の事業報告書等の届出事務・閲覧事務のデジタル化について、厚生労働省より省令改正の方向性が示され、社会保障審議会医療部会で検討が行われています。

 現行の仕組みでは、医療法人は毎会計年度終了後3ヶ月以内に、事業報告書、財産目録、貸借対照表、損益計算書、監査報告書及び関係事業者との取引の状況に関する報告書その他書類(以下、「事業報告書等」という。)を、都道府県知事に届け出ることとなっています(医療法第52条第1項)。
 また、届出のあった事業報告書等については、都道府県に請求して閲覧することができます(医療法第52条第2項)。

 これらについて、医療法人や都道府県の事務負担を軽減し、また、事業報告書等の一覧的な把握を可能とするためのデジタル化が検討されており、「骨太の方針2021」でもその旨が盛り込まれています。

 今回提示された案では、届出事務は令和4年度から、閲覧事務は令和5年度から実施できるよう、省令改正を行うとしています。

 具体的には、令和3年4月〜令和4年3月末を会計年度とする医療法人の事業報告書等(令和4年6月末が届出期限)以降について、医療機関等情報支援システム(G-MIS)への電子媒体のアップロードによる届出を可能にする方向です。
 なお、当面は従来どおりの紙媒体による届出も可能とすることが示されています。この場合は、国がこれら紙媒体による届出内容を電子化し、都道府県に電子データが提供されます。そして、これらの電子化された事業報告書等のデータが、令和5年度より都道府県のホームページなどで閲覧できるようになるとの計画です。

 以下のホームページで、社会保障審議会医療部会に提示された案をご覧いただくことができます。詳細はこちらでご確認ください。

参考:
厚生労働省「第82回社会保障審議会医療部会」より
資料3「医療法人の事業報告書等の届出事務・閲覧事務のデジタル化について」PDF


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
100年続く組織づくりをお手伝いします。社会保険労務士 江尻事務所江尻事務所がなぜ福祉に力を入れているのか社会福祉法人の賃金設計コンサルティングお電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10 2F
メールアドレス

著書

医学通信社 職場の難問Q&A■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中
施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)■施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)
発行:自費出版

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›