医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2020/03/05
令和2年度予算案 介護施設整備の支援制度

 現在、令和2年度の予算案が国会で審議されています。今回はこの予算案の中から、介護施設の整備に対する支援制度(地域医療介護総合確保基金)の計画(※)に注目します。貴施設の経営計画に照らし合わせ、ご確認ください。

1.介護サービスの質の向上のために

 介護サービスの質の向上のために、2つの新設の制度と3つの拡充策が予定されています。

新設 @ 介護施設等の看取り環境の整備推進
A 共生型サービス事業所の整備推進
拡充 B 施設の大規模修繕に併せて行うロボット・センサー、ITCの導入支援
C 特養併設のショートステイ多床室のプライバシー保護改修支援
D 介護予防拠点(通いの場等)での健康づくりと防災の意識啓発の取組支援

 新設の制度について、少し解説を追加します。

  • @の「介護施設等の看取り環境の整備推進」は、看取りのための個室(看取りして利用がない期間は、家族等の一次的な宿泊等にも使用可)の確保を目的とした施設改修への補助です。
  • Aの「共生型サービス事業所の整備推進」は、共生型サービスの指定を受けた施設が行う階段手すりの設置、段差解消の通路改修、浴室・トイレ・水道改修等の他、頭部保護のためのヘッドギアや地べたで過ごすことが多い方に対応する畳やエアマット等、設備の購入にも活用できます。

2.介護離職ゼロを目指して

 介護離職ゼロのため、次の量的拡充も計画されています。

新設 E 介護施設等の整備に併せて行う広域型施設の大規模修理・耐震化整備
F 介護職員の宿舎施設整備
拡充 G 介護付きホームの整備促進

 こちらも新設の制度について、解説を追加します。

  • Eの「広域型施設の大規模修理・耐震化整備」は、今回別途創設される介護施設等の整備と併せて実施される、定員30名以上の広域型施設を対象とした支援制度です。
  • Fの「介護職員の宿舎施設整備」は、外国人を含む介護人材を確保しやすくするために、介護施設等の事業者が介護職員用の宿舎を整備する費用の一部を補助するものです。

 なお、上記EとFについては、令和5年度まで実施される計画です。


(※)今回ご紹介した内容は、厚生労働省「令和元年度全国厚生労働関係部局長会議」における老健局の発表資料を参考にしています。詳しくは、下記資料の23ページ以降をご参照ください。なお、この計画は令和2年度予算の成立が前提となります。事業内容の変更もあり得ますので、予めご了承ください。
 厚生労働省「令和元年度全国厚生労働関係部局長会議 老健局発表資料」PDF


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
100年続く組織づくりをお手伝いします。社会保険労務士 江尻事務所江尻事務所がなぜ福祉に力を入れているのか社会福祉法人の賃金設計コンサルティングお電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10 2F
メールアドレス

著書

医学通信社 職場の難問Q&A■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中
施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)■施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)
発行:自費出版

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›