医療経営情報
医療経営情報
文書作成日:2020/03/31


 新年度の始まりである4月は、新卒採用を行っている医療機関等にとっては新入職員を迎える時期でもあります。ここでは人事院が毎年行っている調査(※)から、医師や看護師などの医業関連職種別の初任給を10年間の推移を紹介します。




 上記調査結果などから、医業関連の職種別に直近10年間の初任給の推移をまとめると、下表のとおりです。
 2019年の初任給をみると、金額では医師が43万円を超えて最も高くなりました。以下、薬剤師と看護師が20万円を超えています。診療放射線技師は3年ぶりに20万円台を下回りました。准看護師は20万円台には届きませんでした。
 2018年からの増減では、医師と看護師の2職種が増加しました。2018年は4職種が増加したので、2019年は減少した職種が増える結果になりました。





 10年間の初任給データからまとめた職種別の平均額をみると、医師は41万円台、次いで薬剤師が22万円台、看護師が20万円台になっています。以下、診療放射線技師が19万円台、准看護師が17万円台です。
 2019年の調査結果によると、初任給の改定状況では大学卒、高校卒ともに増額が40%程度、据え置きが60%程度でした。減額の割合は1%にも満たない状況ですが、据え置きの割合が高い状況です。ただし、2018年よりは増額の割合が高くなっていますので、今年はどうなるでしょうか。

(※)人事院「民間給与の実態(職種別民間給与実態調査の結果)
 条件を満たした企業規模50人以上、かつ事業所規模50人以上の事業所を対象にした調査です。2019年の調査は無作為抽出した12,549事業所を対象に実施されています。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。


100年続く組織づくりをお手伝いします。社会保険労務士 江尻事務所江尻事務所がなぜ福祉に力を入れているのか社会福祉法人の賃金設計コンサルティングお電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10 2F
メールアドレス

著書

医学通信社 職場の難問Q&A■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中
施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)■施設長の思いを120%伝えられる人事制度の作り方(共著)
発行:自費出版

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›