医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2018/01/11
認定医療法人の追加要件で新様式

 平成29年10月より新しい認定医療法人制度が始まり、税制措置も延長・拡充しています。同時に新たな認定要件も追加となり、この要件に該当する旨を説明する書類の様式も定められました。

 移行計画の主な認定要件は次の通り。

@社員総会で議決されたものである
A有効性及び適切性に疑義がない
B記載された移行期限が3年を超えない
C運営に関する要件を満たす

 追加されたのは、上記Cの運営に関する要件で、これは移行後6年間満たすことが求められます。具体的な要件は、次の通りです。

運営方法:
@法人関係者に、特別の利益を与えないこと
A役員報酬等が不当に高額にならないような支給基準を定めていること
B株式会社等に、特別の利益を与えないこと
C有休財産額<事業にかかる費用の額
D法令違反、帳簿書類の隠蔽等、その他公益に反する事実がないこと

事業状況:
E社会保険診療等(介護・助産・予防接種含む)にかかる収入金額>全収入金額×80%
F自費患者に対し請求する金額が、社会保険診療報酬と同一基準
G医業収入≦医業費用×150%


 これらについて、それぞれ様式が設けられています。具体的な様式のイメージ等は、下記URLよりご確認ください。

参考:
厚生労働省「新設 通知別添様式4(医療法施行規則附則第57条の2第1項各号に掲げる要件に該当する旨を説明する書類)」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
100年続く組織づくりをお手伝いします。社会保険労務士 江尻事務所江尻プロフィール画像事務所案内料金お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10

著書

医学通信社 職場の難問Q&A■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中

ご購入はこちらから ›

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›